首都圏近郊の温泉は何カ所かありますが、近郊には熱海や箱根などの温泉があります。伊豆長岡温泉については、その歴史的な古さも温泉の特徴の一つです。源氏の本拠地である鎌倉からもほど近く、源頼朝が伊豆に配流されていたた時に、この温泉が気に入ってたびたび入ってという伝承があります。周辺には、源氏やその後を継いだ北条氏にゆかりの史跡も多く残っています。また近隣には、幕末期に活躍した江川英龍ゆかりの「江川邸」、「反射炉」などもありますので、歴史を楽しむことができます。温泉は、源氏山を挟んで長岡地区と古奈地区から構成されています。古奈地区の開湯は、約1300年前とされていますが、一方の長岡地区の温泉は明治に入ってからです。伊豆長岡温泉は、弱アルカリ性単純泉の、無色無臭でお湯に入ると少しヌルッとした感じがします。角質を柔らかくし、お肌をツルツルにします。

伊豆長岡温泉について調べる

関東の温泉地の中でも、箱根と二分して根強い人気を誇るのが伊豆です。横浜に住んでいるので、どうしても同じ県内にある箱根止まりで満足してしまって、なかなか伊豆まで足を延ばす機会がないのですが、今回のシルバーウィークには、ちょっと足を延ばして伊豆まで行ってみようじゃないかと言う事で、初の伊豆デビューとなります。海の幸を沢山堪能出来ればなと考えています。目前に迫って来ていますから、そろそろ細かい詳細を組み立てなければという事で、我々の宿泊先である伊豆長岡温泉についてインターネットで調べている最中です。伊豆の玄関口でもあるこちらのスポットは、なかなか歴史深い場所の様で、歴史で習った源頼朝や北条政子と言った、教科書でもお馴染みの人物像が立っている公園があったり、海を一望する城ヶ崎海岸があったりと、見どころも満載の様です。

伊豆長岡温泉について書きます

伊豆長岡温泉について書いていきます。ここにはたくさんの源泉があります。自家源泉を持っているところも珍しくはありません。自家源泉を持っている宿だと湯もたくさんあります。掛け流しをたくさんできるのでとても気持ちがいいです。足湯を無料で利用できたり、無料の飲泉場まであります。お湯が豊富だからこそできることです。温泉に入りながら富士山を眺めることができる宿も存在します。本当に素晴らしい景色です。日本のいいところを肌で感じることができます。外国の方にも日本の風情を知ってもらえます。伊豆長岡温泉のお湯は単純泉です。硫酸塩が含まれています。誰でも馴染みやすいお湯です。伊豆長岡にはたくさんの温泉宿がありますが、せっかくなら自家源泉を持っている掛け流しができる宿に泊まるほうがいいでしょう。伊豆長岡温泉の良さを実感できます。

コメントする